ビデオアートチャンネルの最近のブログ記事

World Videoart Channel 巡回展in 福岡

tour-200512polonium01.jpgラウンジ&トーク
福岡のアートスペース・テトラにて2日間にわたって世界のオルタナティヴなビデオのアートシーンについて紹介します。VCTのこれまでの歩みや、2004年から東京で行っているビデオアートチャンネルの巡回プログラムなどを紹介しながら、グローバル社会のパーソナルメディア=ビデオが見せる現在性について考えます。
2006年3月11日(sat.)-12日(sun.) 18:00-
場所:アートスペース・テトラ(福岡)
問合せ:TEL/FAX 092-262-6560
入場:500yen (1drink)
解説:瀧健太郎(NPO法人ビデオセンター東京代表)
司会:遠藤水城(rhythm代表)
ビデオアートネットワーク展トランスアイランズ企画
助成:ポーラ美術振興財団、芸術文化振興基金

ビデオアート・チャンネルとは 2001年より定期的に行うビデオの上映イベント。国内外のインディペンデントのアーティストのグループや活動と作品を紹介してきました。今回のトークはVCTの活動とB-Books(ドイツ), L'Etna(フランス)、ビデオタージュ(香港)、ラ・アエル(ブラジル)、PULS(南アフリカ)を中心とした各国のオルタナティヴな映像のグループなどを中心に世界的に興る映像芸術の現在性に迫ります。

Videoart Channel / Recorded

rcNov01.jpg チャンネル・レコーデッドは、ビデオアートの考察だけでなく、多分野の考察を
通じて、現代社会における芸術と電子映像の可能性を追求するイベントです。

2004年には外苑前のギャラリースピカにて、年間11回にわたって、参加者が
互いに意見を出し合うディスカッション、多分野との交流、共同作業など様々な
試みが行われました。

rcOct01.jpgビデオコラボレーション・プラクティスⅢ(2004年11月)

  • ホーム
  •  > ビデオアートチャンネル