カテゴリ:2014,Video Sparks/Reflexive,お知らせ,イベント,プロジェクト

"アジア-真空の都市像"a.k.a VideoSparks


Asia_VacuumedCityscape.JPG[VideoSparksシリーズ]
めざましい勢いで発展する東アジアの都市、その背景で失われつつある文化・イメージをヴィデオアーティストが切り取る。 

Video Sparksでは台頭するアジアの都市に注目し、マレーシアよりクアラルンプール実験映像祭の参加作品、ヴィデオ・フィリピナスの参加アーティスト、ホーチミン在住のヴィジュアルアーティスト/詩人による東京での滞在制作した作品に到るまで、近年大きく変容しつつあるこれらの都市像の片鱗から、現代社会を読み解きます。 

日時:2014年11月15日(土)19:00 - 21:00
場所:喫茶茶会記( 四谷三丁目)   http://sakaiki.modalbeats.com/
アクセス:click
入場料: 1500円(ワンドリンク付)
facebook-hires-icon.jpg



上映作品:
"Nostalgia 郷愁"(2014, 7') Nguyen Nhu Huy グエン・ニュー・フイ(Vietnam ベトナム) 
"KAMPUNG HAKKA" (2014 5'30") Andrew Stiff アンドリュー・スティッフ(Malaysia マレーシア)
"Bleached Nightmare"(2013, 13')Richard Coronel リチャード・コロネル(Philippines フィリピン)
"MUD GAME" (2014 3'40") KOK Siew-Wai,コク・シューワイ(Malaysiaマレーシア)
"16 x 9 Capsule" (2014 6'40") Wuttin Chansatabootウッティン・チャンサタブート (タイ)
"CAGE" (2012 9'44") LIM Chee-Yong リム・チーヨン(Malaysia/Taiwanマレーシア/台湾)
"Iqura"(2005 3') Ari Satria Darmaアリ・サトリア・ダルマ (Indonesia インドネシア)
"MIST" (2012 3'50") WONG Eng-Leong ウォン・エンレオン (Malaysia マレーシア)
ほか


主催:ビデオアートセンター東京
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:KLEXクアラルンプール実験映像祭ZeroStation/Ga0VIDEO ART Philipinas, O.K. Video Festival

ACT_logo-01.png KLEX logo_Large.jpg zerostation.gif logo_ok-video-80.png





[上映予定作品+アーティスト略歴]
hyuwork.JPG 郷愁 Nostalgia (one channel version, 2013, 7') Nguyen Nhu Huy(Vietnam)
東京在住のベトナム人男性が幼少の頃の家を思い出しながら、同時にヘッドフォンでは日本語の東京の名所紹介の動画投稿サイトの音を聞いている。都市間の、記憶と記録の中間にある空間を追求する。物質的な空間だけではなく、文化、アイデンティティ、言語との伝統的な境界をぼやかしているグローバル化された世界において人間の絶え間のない転移による精神的な場について言及する未完のヴィデオシリーズの一部。
グエン・ニュー・フイ Nguyen Nhu Huy
1971年生まれ。ホーチミンを中心に視覚芸術、インディペンデント・キュレーター、批評、詩人の活動を行う。また海外での若手芸術家のグループ展を企画、ベトナムの現代アートの発信、評論書籍をベトナム語に翻訳するなど世界のアートシーンとベトナムを結ぶ活動を精力的に行う。近年はアートスペース「Z e r o S t a t i o n 」を設立し、また2013年のシンガポール・ビエンナーレの共同キュレーターを務める。

Kampung Hakka_Andrew Stiff.jpg KAMPUNG HAKKA (2014, 5'30") Andrew Stiff (Malaysia) 
2013 年、地域開発者がヌグリスンビラン州のマンティン町で ブルドーザーを稼働し、数分後、地域住民であるマレー人・中国人・インド人の集団が集まる。彼らは、マンティンの中心部でもあるカンポンハッカ  (ハッカ村)を破壊させまいと集まった。 100 年以上も続く古いエリアで、木造の建物が並ぶ伝統的な町並みのマルティンは開発が進めばその大部分が破壊される。抗議運動には様々な場所から大勢の人が集まり、マンティンコミュニティの性質を映し出す。抗議の結果ブルドーザーは今のところ停止している。本作は抗議運動とカンポンの町と人々の精神を記録した。
アンドリュー・スティフ Andrew Stiff
ロンドンのチェルシー・スクール・オブ・アートで絵画を学び、その後リバプール大学にて修士号を取得。在学中にデジタルメディアや建築の分野に足を踏み入れる。制作活動をすると同時にマレーシア、リントン大学のメディアアート/デザイン学部の副学部長として務める。その研究と制作活動は世界にある暗闇の複雑さを探検するための視覚言語を開発することにある。 表面上で、私達の努力は形になり、世界のは発展して革新している。 都市の物理的な構造はそのまわりでおこることによって定義され、この構造の表面は、住民と都市との間のメディアとして機能します。 都市の経験は一時的なものであり、私はその経験を自分に反映するために映像を使用する。

Bleached Nightmare - Richard Coronel - screenshot1.png.jpgBleached Nightmare(2013, 13') Richard Coronel (philippines)
本作マニラの滅亡後を提示する。暴力によって破壊された街はその「うつ状態」である都市風景を映し出し、老朽化した迷路のシーンと断音されたサディスティックな儀式のシーンが混じり合い、次に現れるのが腐食した社会の副産物である革命の蜂起とも言える。ウェブカメラとデジタル一眼の映像によって構成され、なまなましいザラザラとしたイメージが痛々しく観客を誘惑し悪夢の中に呼び戻す。

リチャード・コロネルRichard Coronel
フィリピン大学アジア・パシフィック・フィルム・インスティチュート にてヴィデオを映像制作を学習。彫刻やヴィデオ作品などはフィリピン大学のバーガス美術館やライト&スペース・コンテンポラリー・ギャラリーにて展示された。またアクティブ・ヴィスタ映画祭では助成金を授与した。

Mud Game_KOK.jpgMUD GAME (2014, 3'40") KOK Siew-Wai (Malaysia)
マレーシアの首都クアラルンプール中心部は建設現場が集中している。5キロドライブすれば必ず建設地に出くわす。まるでその風景は今や都市の景色の一部と化している。それにうんざりする作者が、その日ファインダーを通して少し楽しいアイデアを思いつく。
コク・シューワイ KOK Siew-Wai
マレーシア、クアラルンプール出身のヴィデオアーティスト兼、即興ヴォーカリスト。1998年から2005 年まで米国で働くと同時に勉強をしていた。その期間に釜山国際映像芸術祭やロッテルダム国際映画祭、クアラルンプール現代音楽祭など多くの映画祭でビデオ作品を発表。フェスティバル・ディレクター& キュレーターとしてクアラルンプール実験映像祭(KLEX) を2010 年以来開催。またKLEXとしてベルギー、フランス、香港、韓国、ドイツ、タイ、アメリカ合衆国などでの上映会のプログラムをキュレーションしている。

16x9 Capsule_Wuttin-Chansataboot.jpg 16 X 9 CAPSULE (2014, 6'40") Wuttin Chansataboot (Thailand) 
本作は時間の断片とバンコク周辺の特定な場所で起こる事件を映し出しす。些細な日常から、タイの歴史的瞬間まで、カメラは様々な情景を観察し続けた。 ヴィデオの背景は現世を貯蔵する場所として比喩的に表現され、すべてが上昇し続けるする仏教の概念を探求し、 立ち止まり停止させる。必然的にそして永遠に情景は変化していく。カメラのメモリだけがそれらの存在の証拠として残り続ける。
ウッティン・チャンサタブート Wuttin Chansataboot
2011年、ロンドン大学、スレード・スクール・オブ・ファインアートを卒業。 ヴィデオ、インスタレーション、映画制作まで行うタイのアーティスト。 非常勤講師として現在は実験アニメーション、メディアアート、映画制作を スィーパトゥム大学で教鞭をとる。 アーティストサイト:http://wuttinchansataboot.com/

Cage_LIM.jpg CAGE (2012, 9'44") LIM Chee-Yong (Malaysia/Taiwan)
罠を仕掛けられていることを説明するために何匹かの豚が 2 つの壁とゲートによって閉じ込められています。私たちしばしば死角の中で罠にかかり、お金、愛、資材を生活に求めてしまう。 時間が過ぎて、私たちが年老いたとき、私たちの思考が変化しなかった場合にはいったい何がおこるのだろうか。もしかするとこの豚たちのように社会のシステムから逃げ出したいと熱望するかもしれない。 鬱積した感情にはそれでも 答えがある必要があるのです。

リム・チーヨン LIM Chee-Yong
ニュー・エラ大学 のドラマと映像科を2008年に卒業。また、2013年に国立台湾大学を映画部門で卒業した。在学中出会った偉大な教師たちからフィルムおよび劇場の素晴らしい世界に導かれる。過去 6 年間、プロデューサー、監督、脚本家としていくつかのショート フィルム、長編映画、実験映画、ドキュメンタリー映画に関わる。ここ最新プロジェクトは、東マレーシアの国境に移住している 国籍を持たない少数民族、 バジャウ族についてのドキュメンタリー。

IQRA [Ari Satria Darma].jpg Iqra(2005. 3') Ari Satria Darma(Indonesia)
コミュニケーションとして日常のリアリティをもたらす言葉や文章に使う文字が、徐々に薄れ、消去され、空白を残すとするならどうなるか、と作者は問いかける。過剰なまでの消費社会が故に、本当にそうした空白は生まれるのだろうか?あるいは文字が自らのメッセージを構成するだろうか?実際にそれは起こりうるだろうか?
アリ・サトリア・ダルマ Ari Satria Darma
1978年、インドネシア、パダン生まれ。 ジャカルタ美術大学・視覚伝達デザイン学科修了。モーション・グラッフィック作品を作り続け、国際的な映画祭や展示に参加。2002年にオリバー・フセインと共にミュージックビデオMuViパーティーでのワークショップ参加者となり、バンドBrisikの音楽に"Burn"という作品を制作し注目を集める。アニメーション作品「Halte vs Stampbox」はジャカルタでの「OK.ヴィデオフェスティバル2003」にて展示、同年ドイツ、ハンブルクでの第19回国際短編映画祭にて上映されている。


Mist_WONG.jpg MIST (2012, 3'50") WONG Eng-Leong (Malaysia)
一見、発達した平和な国家が、デモによって粉砕する。なぜ民主主義は閉ざされたのか?力ある者が人々の権利を奪ったとき、私たちは考える事も自らの未来を決める事もできないのだろうか?我々はただ単純に我々の声を聞いて欲しいだけなのだ。


ウォン・エンレオンWONG Eng-Leong
マレーシア出身のヴィデオアーティスト。ヴィデオ・インスタレーション、音楽的視覚作品 インタラクティブ インスタレーション、シングル/マルチチャンネル/ライブのヴィデオプロジェクションなど様々なメディアを活用。作品は政治的、そして社会的な問題を扱うことが多く、マレーシア国内の各地や海外でも展示が行われている。また、クアラルンプール在住アーティスト集団 、「FINDARS」の創設メンバーで、他のメンバーと共に独自の展示空間でもある「FINDARS space」にて様々なキュレーションやプロジェクトを引き受けている。「FINDARS space」はクアラルンプールにあるオルタネイティブな多機能スペースで、2008年より、展示、ワークショップ、アンダーグラウンドミュージックや実験音楽のコンサート、パフォーマンス、実験映画の上映などが行われている。

[ループ上映展示]
TAMASYA REKLAME [Singgih AP].jpg Tamasya Reklame (2007. 4')Singgih AP
ジャワ州の州都スマラン。スマランは「ATLAS」という言葉を掲げているが(-文字通りそれは地図を意味するが、インドネシア語の安全、秩序、円滑、美、健全の頭字語で作られた言葉である)、それを抜きにして、スマランは積極的に歴史的建造物を維持し、オランダと中国から保護してきた。いくつかの遺跡のいくつかは修復中で、観光地だけでなく様々なインドネシア映画のロケ地となっている。
SUARA URBAN [Aditya Fachrizal Hafiz].jpg Suara Urban (2008. 5') Aditya Fachrizal Hafiz

移動式屋台の売り子がお客に呼びかける声を収録したジャカルタでの音の収集。
SCENERY [Forum Lenteng].jpg Pemandangan Piknik (2003. 8') Forum Lenteng
「列車の屋根の上に乗るのを想像したことはありますか?そこからの景色、どのような感覚なのか知ってますか?」 その経験は、大量輸送、公共空間、疎外された昔ながらの行商、街での騒音公害、ジャカルタでの生活といった都市のさまざまな側面について語る。